カードローン借り換え低金利ランキング@カリカエル

MENU

失敗しない!借り換えカードローンの選び方

借り換えカードローンやおまとめローンは増えています。比較するのも難しいほどに多くのローンがあり、「どこを選べばよいのか?」非常にわかりにくいものです。

 

そこで人気の借り換えカードローンを厳選し、徹底的に比較してみました!初めてのカードローン借り換えでも、コレだけ知っておけばもう安心です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

友人が複数あった借金をまとめたら返済が楽になったらしい。でもアイツは3社だけど俺は1社から200万だからなあ…。俺の借金を楽にする手段はないのか…。手段はあります!低金利の銀行カードローンに借り換えるのです!え?カエル?カリカエルで〜す。債務者の負担を減らす為に「カードローン借り換え」を紹介してまーすっ。そんな訳で借金は借り換えで賢く返済しましょう。えっ、借り換えしても返済額は変わらないんじゃ。いいえ!「カードローン借り換え」で借金は楽になるんです!
今よりも金利の低い所に借り換えれば結果的に返済金額も下がります!「A社200万円金利15.0%」→「B社200万円金利5.0%」金利ってどこも同じじゃないんだ。銀行のカードローンごとに金利や他のメリットも様々なので自分にとってよりいい所を選ぶといいですよ。それだと色々調べなきゃいけないな〜。大丈夫!!私が運営するカードローン借り換え低金利ランキング「@カリカエル」なら!簡単に銀行カードローンを比較検討できま〜す♪宣伝か〜。銀行カードローンなら新たな借り入れや余裕のある時に随時返済できるのでオススメです♪なるほど〜。このコたちのように…借りカエル事で身軽になりましょう!そしていつしか立派なカエルに!カエル苦手なんだよなあ。


 

消費者金融のおまとめローンと銀行カードローンの違い

消費者金融のおまとめローンと銀行カードローンの違い

 

消費者金融には総量規制に基づいたおまとめローンがあります。これは専用ローンとなっており、目的はその名の通り「おまとめをすること」です。どういうことなのか、わかりづらいかもしれません。

 

それでは、消費者金融で借り換えするのと、銀行カードローンで借り換えをする目的をみてみましょう!

 

消費者金融の借り換えローン

消費者金融の借り換えローンは専用プランです。そのため他社(貸金業者に限る)からの借り入れを完済する金額を借り入れ、その返済をしていくことを専門としています。
新たに融資を受けることはできずに、まとめることだけに的を絞ったローンになっています。おまとめを専門としていることから、審査が柔軟に行われるなどメリットもあります。

 

消費者金融の借り換えローンはこちらのページで解説

 

銀行カードローンで借り換え

一方で、銀行カードローンは使いやすいのも特徴です。通常のカードローンとして利用することになるため、現在借入がある方であればおわかりになるかと思いますが、通常カードローンと同じように借り入れや返済をすることができます。

 

専用のおまとめローンのように毎月一度の口座引き落としのみとなっているものではなく、それ以上の返済をすることもでき、また余裕があるときには随時返済も行うことができます。

 

銀行カードローン優秀ポイントを調べるなら、ATM利用手数料が無料であるかもチェックしましょう!

 

大きな金額の借り換えとなって返済期間が長期に渡る場合も、利用方法がたくさんあると安心です。自分の都合の良い方法で無理なく返済していくことができると、やはりそれだけ完済に近づきやすくなるでしょう。

 

カードローンとして優秀な金融商品は、やはり借り換え商品として利用しても優秀であると言えます。

 

カードローン借り換えランキング

 

カードローンを借り換えすること

 

頑張ってカードローンでの借り入れを返済しているのに、なかなか残高が減っていかない


 

完済が見えないので、なんとなく遅れがちになってしまう


こんな場合にはカードローンの借り換えを検討してみませんか?

 

カードローンを借り換えすること

 

カードローンの返済において最終的なゴールである完済により早く近づくためには、そのまま漫然と返済を続けているのでなく見直す必要があります。

 

銀行カードローンは専用ではないだけに、審査が厳しいと思わるかもしれません。
申し込みはどのようになっているのかみてみましょう!

 

口座開設が不要であるという条件は、それによって大きく時間を短縮することができます。みずほ銀行カードローンでは口座が必須となるため、郵送でのやり取りを選択すると利用開始までには1か月ほどかかってしまいます。ですから当サイトではオススメしません。

 

申込みに必要な書類も面倒なものはなく、また利用条件も厳しいものはないでしょう。ハードルを感じていたのは「銀行」という大きなブランドだったのかもしれません。実際に比較をしてみると難しいものではないことがわかります。

 

それではカードローンを借り換えるために現在の状況を整理してみましょう!

 

  • 借り入れ件数
  • 借り入れ総額
  • 各社の金利
  • 各社の返済額
  • 各社の返済日
  • 返済手数料

 

これらの項目を調べることで無駄があることがわかるはずです。毎月返済は流されるように行っていれば返済総額は増えていきます。手数料も借り入れ件数分支払っているかもしれません。

 

借入先それぞれの返済システムが異なることによって状況が混乱している、それが正直なところではないでしょうか。カードローンを借り換えることによって、今の状況を改善することも可能です。

 

 

借り換えることで状況を明確にして返済について考える余裕が出てくるよ♪


 

低金利で利息を減らすこと

早く返済してしまいたい時には、借り換え専用のカードローンを選ぶことには確かにメリットがあります。その理由は「借り換えをするための商品」であるだけに、借り入れ件数が多少多くても審査は柔軟に行われる傾向があるからです。

 

少しでも低金利のカードローンに借り換えることで、返済総額を減らすことや返済期間を短くすることができます。申し込み時には小さな違いと気にしていなかった金利の違いは、借入額などによっても大きな違いとなって響きます。

 

現在利用中のカードローンよりも金利が低いところを探すことで、返済の負担を軽くすることができます。

 

低金利で利息を減らすこと

 

カードローンは借り換えができないというイメージがあるかもしれません。実は資金使途自由となっており、その範囲で借り換えカードローンとして活用することができます。

 

低金利を調べるためには上限金利の比較だけでは意味がありません。借り換えをしたい金額では、適用される金利がどの程度になるのかを比較しましょう!

 

上限金利が適用される範囲で少額キャッシングをするのであれば、2社の比較をすると三菱東京UFJ銀行カードローンの金利がお得になっています。

 

借り換えを計画中の方は、借り換えカードローンを中心に検索したり検討したりしているでしょう。しかし一度、他のカードローンなどに範囲を広げて探してみるのも良いでしょう。

 

現在のローンの利用状況、さらに借り換えにおいてもっとも優先したいこと、「完済してしまいたい」「金利を下げてラクにしたい」「毎月の返済額を減らしたい」などと目的をシッカリと決めると、どのような借り換えカードローンを利用するのかは自ずと決まってきます。

 

返済に自由があること

毎月(あるいは35日ごと)の約定返済日に店舗などに行って返さなければいけない、特に負担に感じていなければいいのですが、わざわざ行くことが面倒になってしまっている場合などは要注意です。

 

「後で行けばいいか」「明日にしてしまっても問題ないか」といったように、少しずつ返済日に関して遅れがちになってしまうのです。

 

借り換えをしても専用ローンであれば、返済は月に一度の口座引き落としとなり計画を立てることが簡単になります。

 

銀行カードローンは「カードローン」として利用するため返済方法にも自由があります。今は多彩な返済方法を採用している金融機関も多く、手数料の点などからも自分にとって返済しやすい方法を選ぶことができるようになっています。

 

返済に自由があること

 

現在利用中の金融機関が返済方法を限定している場合などは、色々な返済方法があるカードローンへの借り換えを考えてみることもよいでしょう。とにかく返済の負担をすべてにおいて減らすこと、手間や返済にかける時間を短くするということも完済へ近づくことになります。

 

また、カードローンでの完済をより早くしたい場合は、繰上返済随時返済も取り入れていく必要があります。お金に少しでも余裕ができればすぐに返済してしまうことで、その期間の利息を軽減することができます。

 

返済方法も比較してみると若干の違いがあることがわかります。いつでも返済ができる方法として提携ATM利用手数料無料は魅力的です。これから毎月行っていかなければならない返済だからこそ比較する必要があります。

 

 

随時返済などでも手数料がかからず、いつでもサッと返すことができるカードローンなどに借り換えることも完済に近づくコツとなるんだよ♪


 

カードローンの完済には「絶対に完済しよう!」という強い意志も必要になりますし、その気持ちを保つことも大切なことになります。借り換えによって、返済モチベーションをアップさせる効果も狙えるはずです。