カードローン借り換え低金利ランキング@カリカエル

失敗しない!借り換えカードローンの選び方

借り換えカードローンやおまとめローンは増えています。比較するのも難しいほどに多くのローンがあり、「どこを選べばよいのか?」非常にわかりにくいものです。

 

そこで人気の借り換えカードローンを厳選し、徹底的に比較してみました!初めてのカードローン借り換えでも、コレだけ知っておけばもう安心です。

 

カードローンを借り換えすること

 

カードローンはなぜ借り換えをするの?

せっかく申し込みをして審査を受けて合格し、利用をしているカードローン。複数ともなればその手間は簡単なものではなかったでしょう。

 

「せっかく審査に通ったカードローン」がなぜ借り換えが必要なのでしょうか。

 

  • 頑張ってカードローンでの借り入れを返済しているのに、なかなか残高が減っていかない…
  • 完済が見えないので、なんとなく遅れがちになってしまう…

 

こんなときにはカードローンの借り換えを検討してみましょう!
カードローンの返済において最終的なゴールである完済により早く近づくためには、そのまま漫然と返済を続けているのでなく見直す必要があります。

 

毎月あちらこちらに返済をしなければならない状況を一本化して、返済をしやすくすることが借り換えの大きな意味です。おすすめは「オリックス銀行カードローン」です。

 

オリックス銀行カードローンで借り換え

※カードローンの借り換えは不可

 

 

消費者金融のおまとめローンと銀行カードローンの違い


消費者金融のおまとめローンと銀行カードローンの違い

 

消費者金融には総量規制に基づいたおまとめローンがあります。これは専用ローンとなっており、目的はその名の通り「おまとめをすること」です。どういうことなのか、わかりづらいかもしれません。

 

それでは、消費者金融で借り換えするのと、銀行カードローンで借り換えをする目的をみてみましょう!

 

消費者金融の借り換えローン


消費者金融の借り換えローンは専用プランです。そのため他社(貸金業者に限る)からの借り入れを完済する金額を借り入れ、その返済をしていくことを専門としています。
新たに融資を受けることはできずに、まとめることだけに的を絞ったローンになっています。おまとめを専門としていることから、審査が柔軟に行われるなどメリットもあります。

 

消費者金融の借り換えローンはこちらのページで解説

 

銀行カードローンでの借換えができなくなった!


消費者金融での借り換えをオススメする一番の理由に「銀行カードローンでの借り換えが厳しい状況になった」というものがあります。

 

本来、カードローンとして優秀な金融商品は、やはり借り換え商品として利用しても優秀であると言えます。
しかし銀行カードローンの審査は厳しくなります。うわさやイメージではありません。「2018年1月」から、

 

  • 即日融資の停止
  • 警察庁のデータベースが審査に加わる
  • 保証会社の審査は現状通り
  • 家族からの申し出で貸付自粛ができる予定

 

いかがでしょうか。何かに似ていると思いませんか?
消費者金融は過剰貸付からくる多重債務が問題になり、法律が改正されるまでとなりました。これが貸金業法の改正による総量規制の施行です。
2010年に施行された総量規制によって「貸金業者から個人が借入ができる上限が年収の3分の1」に制限されました。
日本か資金行協会でも多重債務問題を重く見て、本人や親族からの申請で貸付自粛制度も行っています。

 

これがいよいよ銀行カードローンにも適用されることが決まりました。
さらに警察庁のデータベースに照会をかけるという大掛かりな審査が加わるため審査には2週間程度がかかるものと見込まれています。

 

 

これまで低金利の銀行カードローンに借り換えが最も最適であるとされていましたが、審査が厳しくなることによって「できなくなる」と考えられます。


 

だからこそ消費者金融にあるおまとめ専用ローン!


銀行カードローンが厳しくなる、そのため消費者金融に用意されている貸金業法に基づいたおまとめローンがオススメです。

 

複数の借金を一本化して返済がしやすい形に変えることを目的としたおまとめ専用ローンです。
メリットとデメリットを踏まえながらしっかりと計画を立てることで無理なく完済まで見通しが立てられるでしょう。

 

カードローン借り換え前に現在の状況を確認!


それではカードローンを借り換えるために現在の状況を整理してみましょう!

 

  • 借り入れ件数
  • 借り入れ総額
  • 各社の金利
  • 各社の返済額
  • 各社の返済日
  • 返済手数料

 

これらの項目を調べることで無駄があることがわかるはずです。毎月返済は流されるように行っていれば返済総額は増えていきます。手数料も借り入れ件数分支払っているかもしれません。

 

借入先それぞれの返済システムが異なることによって状況が混乱している、それが正直なところではないでしょうか。カードローンを借り換えることによって、今の状況を改善することも可能です。

 

 

借り換えることで状況を明確にして返済について考える余裕が出てきます。


 

現在のローンの利用状況、さらに借り換えにおいてもっとも優先したいこと、「完済してしまいたい」「金利を下げてラクにしたい」「毎月の返済額を減らしたい」などと目的をシッカリと決めると、どのような借り換えカードローンを利用するのかは自ずと決まってきます。

 

消費者金融での借り換えローンは何をポイントに探す?


大手消費者金融はもちろんのこと、中小消費者金融でも借り換えローンがラインナップされています。
これから消費者金融の借り換えローン激戦時代になるでしょう。やはり銀行カードローンでは借り換えができなくなったというのが大きな理由です。

 

それでは消費者金融の借り換えローンでは何を比較ポイントにするとよいのでしょうか?

 

@今よりも低い金利のカードローンを選ぶ


低金利で利息を減らすこと

 

金利は利息に直結する大きな問題です。現在よりも高い金利になるならばおまとめをする意味が半減します。
少しでも低金利のカードローンに借り換えることで、返済総額を減らすことや返済期間を短くすることができます。申し込み時には小さな違いと気にしていなかった金利の違いは、借入額などによっても大きな違いとなって響きます。

 

消費者金融の借り換えローンは貸金業法に基づいているため「現在の借入先の平均金利よりも低い金利」が設定されることとなっています。

 

Aカードローンの返済に自由があること


返済に自由があること

 

毎月(あるいは35日ごと)の約定返済日に店舗などに行って返さなければいけない、特に負担に感じていなければいいのですが、わざわざ行くことが面倒になってしまっている場合などは要注意です。

 

「後で行けばいいか」「明日にしてしまっても問題ないか」といったように、少しずつ返済日に関して遅れがちになってしまうのです。

 

借り換えをしても専用ローンであれば、返済は月に一度の口座引き落としとなり計画を立てることが簡単になります。

 

ただし毎月一度の口座引き落としでは現状を大きく変えることはできません。大きく現状を変えていきたいならカードが発行されATMからも自由に返済ができる方法は必須です。

 

 

カードローンでの完済をより早くしたい場合は、繰上返済や随時返済も取り入れていく必要があります。お金に少しでも余裕ができればすぐに返済してしまうことで、その期間の利息を軽減することができます。


 

B次の返済日に間に合う


複数の返済を抱えている今、借り換えが完了するまでに1ヶ月も2ヶ月もかかってしまうのであれば時間がかかりすぎです。
例えば翌週に返済日が迫っていても借り換えが完了するくらいのスピードも求められます。

 

アイフルの借り換えローン


大手消費者金融のアイフルにはおまとめローンが2種類あります。これまでにアイフルを利用したことがあるか、ないか。それによって選択できる借り換えローンが違います。

 

申し込み条件は「20歳以上の安定した収入と返済能力がある方」となっており、現在収入を得ている方であれば申し込みが可能です。

 

アイフル

アイフルの公式サイトはコチラ

 

数ある消費者金融の中でアイフルでの借り換えを勧める理由


大手消費者金融各社でもおまとめローンは用意されています。
その中でもアイフルをオススメする理由は、

 

  1. 最短即日借り換え完了
  2. アイフルを利用したことがある方は低金利で利用ができる
  3. カードが発行されATMからの返済もできる
  4. 大手消費者金融だから全国に提携ATMが用意されている

 

ただし覚えておきたいのは「返済専用である」ということ。
消費者金融の借り換えローンは段階的に返済を減らしていくことを目的として貸金業法で認められている商品のため、新しく借入をすることも追加融資を受けることもできない返済専用です。

 

かりかえMAXとおまとめMAXの違いは?


アイフルを利用したことがある、利用したことがない、その違いによって選択できるローンが違います。

 

おまとめMAX アイフルを利用したことがある方
かりかえMAX アイフルを利用したことがない方

 

申し込みの流れ、商品の詳細、返済方法などは同じ。唯一違いがあるのは金利です。

 

おまとめMAX 12.0%〜15.0%
かりかえMAX 12.0%〜17.5%

 

かりかえMAX、おまとめMAX、申し込みの流れ


申し込みはインターネットから行います。電話でも申し込みができますが受付時間が10時から21時と限りがあるためやはりネット申し込みが便利になるでしょう。

 

契約方法は2種類、郵送契約と来店契約が選べます。

 

郵送契約
  1. ネットから申し込み
  2. 審査結果の連絡
  3. 契約関連書類とカードが自宅に郵送されます。
  4. 契約書類に記入をしてアイフルに返送
  5. 契約関連書類をアイフルが確認してから融資が実行されます。
  6. 他社への返済を行います。

 

来店契約
  1. ネットから申し込み
  2. 審査結果の連絡
  3. 来店
  4. 契約とカードの発行
  5. 融資
  6. 他社への返済を行います。

 

他社への完済は自分で行うのではなくアイフルが契約者名義で振込みによる完済をするのが基本です。

 

通常のキャッシングとは異なり、借金を一本化することを目的とした借り換え専用ローンです。
申し込みやすいというメリットは大きなものでしょう。

 

 

随時返済などでも手数料がかからず、いつでもサッと返すことができるカードローンなどに借り換えることも完済に近づくコツです。


 

カードローンの完済には「絶対に完済しよう!」という強い意志も必要になりますし、その気持ちを保つことも大切なことになります。借り換えによって、返済モチベーションをアップさせる効果も狙えるはずです。

 

アイフル

アイフルの公式サイトはコチラ