一本化のメリットとは?

MENU

一本化とは

一本化とは複数の会社からの借り入れをまとめて、一つの会社に借り換えることをおまとめローンといいます。借金をまとめることから「おまとめ」「一本化」とも呼ばれています。
いずれも使い方さえ間違えなければ、返済総額を減らすことができる有効な方法と言われています。

 

利用者にとってのメリットがあるものを選んで、借り換えやおまとめをするようにしましょう!

 

メリットというのは、金利が低いものに変えることで利息を減らし最終的に返済する額を少なくすることだけではありません。
毎月の返済額が多くなっても、より早く完済できる方法を選びたいという方もいらっしゃいます。
それに対応するローンを選ぶこともできます。

 

返済額の負担を減らす一本化

メリット:毎月の返済額が少なくなる

デメリット:返済回数が長くなり、利息総額が増える

 

現在の複数社返済している毎月の金額が負担になっているというのであれば、返済額を減らすための一本化もあります。
返済額が少なくなれば、返済していくことも難しくはなくなるでしょう。

 

ただし、返済額が減るということは返済回数が増える、つまりは、返済期間が長くなり利息の支払総額が増えるということでもあります。

 

同じ借り入れ総額、同じ金利が適用されるとして返済額による違いを見てみましょう!
比較する項目は、「利息総額」「返済回数」「返済総額」です。

 

平均的な返済額の場合
借入金額 100万円 200万円 300万円
金利 9.00% 6.00% 4.50%
月返済額 30,000円 40,000円 60,000円
利息総額 155,044円 307,196円 328,452円
返済回数 39回 58回 56回
返済額総額 1,155,044円 2,307,196円 3,328,452円

 

返済額を減らした場合
借入金額 100万円 200万円 300万円
金利 9.00% 6.00% 4.50%
月返済額 20,000円 35,000円 45,000円
利息総額 258,005円 361,172円 458,621円
返済回数 63回 68回 77回
返済額総額 1,258,005円 2,361,172円 3,458,621円

 

平均的な返済額から減らした場合の違い
借入金額 100万円 200万円 300万円
返済額の違い -10,000円 −15,000円 −15,000円
利息総額の違い +102,961円 +53,976円 +130,169円
返済回数の違い +24回 +10回 +21回
返済総額の違い +102,961円 +53,976円 +130,169円

 

 

返済回数、総額が増えても、毎月の返済額を減らしたいときには有効なおまとめです。

 

返済を続けているうちに、収入や支出の状況が変わり返済額を増やせるチャンスが生まれるかもしれません。

 

今は無理をせずに返済ができる状況を作りたいのであれば、現状の返済額を減らすことでおまとめにも意味が出てきます。


 

完済を早めて返済総額を減らす一本化

メリット:返済回数が少なく、利息総額が減る

デメリット:毎月の返済額が高くなる

 

返済額をいくらかでも増やすことができれば、毎月の負担は増えるものの返済総額を減らすことができます。
さらに、返済回数が減るために早い完済ができることが大きなメリットになるでしょう。

 

同じ借り入れ総額、同じ金利が適用されるとして返済回数による違いを見てみましょう!
比較する項目は、「月返済額」「利息総額」「返済総額」です。

 

平均的な返済額の場合
借入金額 100万円 200万円 300万円
金利 9.00% 6.00% 4.50%
月返済額 30,000円 40,000円 60,000円
利息総額 155,044円 307,196円 328,452円
返済回数 39回 58回 56回
返済額総額 1,155,044円 2,307,196円 3,328,452円

 

返済回数を減らした場合
借入金額 100万円 200万円 300万円
金利 9.00% 6.00% 4.50%
月返済額 44,016円 62,430円 72,574円
利息総額 100,401円 185,070円 265,829円
返済回数 25回 35回 45回
返済額総額 1,100,401円 2,361,172円 3,265,829円

 

平均的な回数から減らした場合の違い
借入金額 100万円 200万円 300万円
返済額の違い +14,016円 +22,430円 +12,574円
利息総額の違い −54,643円 −122,126円 −62,623円
返済回数の違い −14回 −23回 −11回
返済総額の違い −54,643円 −122,126円 −62,623円

 

 

返済額に余裕があり、完済を早めたいときには有効なおまとめです。

 

返済額の負担を感じたときには、途中でも返済額の変更が可能です。

 

随時返済を利用するなど無理のない返済計画を立てていきましょう。


 

一本化することのメリットとは

一つのローンにしてしまうことで、返済の手間を減らせることも大きなメリットでしょう。
複数のローンを利用していると、それだけ返済日が多くなってしまいます。
返済日前にお金を準備して返済するということも、何度も続くと面倒に感じてしまうこともあるでしょう。
たとえ負担の少ない返済方法を選んでおいたとしても、1ヵ月の間に返済日が何度も訪れるのは気持ちの上でも負担が大きいのです。

 

借り換えの場合は、より負担の少ない返済方法に変えることができるローンを探すというのも良い方法です。
負担が少ないと感じる返済方法は、利用者によって違いがあります。

 

「口座引き落としがよい」と考える方もいれば、今ならネットバンキングを利用した返済も、どこにも行かずに返すことができる便利な方法だと感じる方もいるでしょう。

 

 

自分の現在利用しているローンの返済での困っている点や、使い勝手が悪いと感じている点をピックアップしましょう!


 

それを改善できるローンに借り換えや一本化することで、金利に加えた負担も減らしていけるはずです。
負担が少ないローンのほうがやはり完済しやすいはずです。