借り換えの審査は厳しい?

MENU

借り換えの審査は厳しい?

なかなか借り換えやおまとめの審査が可決にならない、ということを聞いたことがあるかもしれません。
それを考えると、借り換えローンなどの審査は厳しそうですが、実際にはどうなのでしょう?

 

借り換えやおまとめを検討する方は、やはり借入残高が多い状態なのではないでしょうか。
借入額が大きくなるということは、審査はどうしても厳しくなってしまう傾向があります。

 

大きな額を貸し付けてもしも返済されなければ、カードローンのような担保のない商品では、貸す側は貸し倒れてしまうことになります。それだけ慎重に審査を進めることになりますので、やはり厳しいと感じる方も多いのです。

 

審査が不安な方は、消費者金融の借り換えローンがおすすめ!

 

返済は遅れないように

どうしても借り換えしたい場合は、とにかく現在のローンに遅れることがないようにしましょう。
もしも返済に遅れ、その記録が残ってしまうと借り換え審査は当然否決になってしまいます。
どこの金融機関でも返さない恐れのある人物に貸すことはないのです。

 

転職する際の注意点

また、借り換え審査を受けたいと考えているなら、現在の仕事から簡単に転職してしまわないように待つことも大切です。
通常勤務先を変わった場合などは、半年程度立たなければ収入の予測などもできないため、審査に通りにくいと言われています。

 

同じ職種や業種の転職でキャリアアップとみなされれば、転職してから期間が経っていなくても審査に通ることはあります。
しかし、どうしても転職しなければならない理由がないといった状態なら、審査を待ってからということも必要かもしれませんね。

 

審査は申し込み者の属性すべてから判断しようとします。
一つのデータだけがとても良い場合があっても、何らかのマイナスポイントがあると審査は否決になってしまいます。

 

収入を上げるといったことは簡単ではありませんが、現在の返済を遅れることがないようにきっちりと続けていくことは、少しでも早い借り換えへの近道と考えるべきでしょう。