リボ払いは危険!シュミレーション計算しないと損する落とし穴

落ちると怖いリボ払いの落とし穴

毎月の支払額が一定で、負担が少ないことが魅力。それがリボ払いです。例えば毎月の支払額を2万円と固定をすれば、借入額がいくら増えても返済額に変わりはありません。

 

計算をしてみればわかります。
リボ払いで返済をしていると大きな損ををしていることも少なくありません。

 

リボ払いの支払方法

分割払いとは違う、リボ払い。その仕組みは、「月々の支払額+手数料」です。支払額はすべて元金充当額となりますが、それ以外に手数料を支払います。

 

リボ払いは実は種類があります。「毎月の支払額が一定」という支払方法は変わりません。ただし残高に応じるのか、とれとも毎月定額になるのかという違いがあり、細かに分類すると種類が多くあります。

 

  • 元利定額リボルビング方式
  • 残高スライド元利定額リボルビング方式
  • 元金定額リボルビング方式
  • 残高スライド元金定額リボルビング方式
  • 元利定率リボルビング方式
  • 残高スライド元利定率リボルビング方式
  • 元金定率リボルビング方式
  • 残高スライド元金定率リボルビング方式

 

それぞれのクレジットカード会社が最低支払額を設定しています。最低支払額以上であれば自分で金額の決定ができるため、家計の収支を考えた額にできます。

 

支払額のほかに手数料を支払うため、5,000円を支払額とすればそのほかに手数料が必要です。

 

それでは手数料とはいったい何でしょうか?カードローンなどのキャッシングでいうところの「利息」です。手数料は手数料率を使って計算されます。

利用残高×手数料率÷年間日数×利用日数

これで計算されるのが手数料です。

 

 

一般的なクレジットカードの手数料は年率15%〜18%です。ちなみに大手消費者金融でも金利は年率18.0%に設定されていることが一般的です。


 

さて、年率も大手消費者金融と変わらず。しかしそれでも「リボ払いが危険」とされているのはなぜでしょうか?

 

日本クレジット協会でも注意点として警告しています。
参照:リボ払いの特徴と利用上の注意|一般社団法人日本クレジット協会

 

毎月の定額支払いで家計の支出管理がしやすいというメリットがある反面、支払残高がある限り支払が続くため「支払の終わり時期」がわからないという自分の支払い状況の管理不足につながりかねないデメリットがあります。

 

また、定額返済ではなく残高スライド方式になると買い物をするたびに支払残高が増え、「次のランク」に変わると支払額が急激に上がるため契約書の内容を把握していなければ急な支払額の変動に対応しきれないという事態になりえます。

 

リボ払いにはさまざまな返済方式があるためその内容をよく理解して契約することが大切です。
理解しておきたいポイントは3つ。

  1. 適用されるリボ払いの仕組み
  2. 毎月の支払額
  3. 支払終了時期

 

リボ払いをシミュレーションしてみる

手数料率が15%として、実際にリボ払いをしているとどうなるのか、シミュレーションしてみましょう!

 

▼イオンクレジット
50万円借り入れ時の月々の支払額は15000円。
元利均等返済方式

 

返済方式 リボルビング払い(元利均等返済方式)
借入金額 50 万円
実質年率 15.00%
毎月の返済額 15,000 円
返済回数 44 回
返済総額 650,823 円

 

50万円の借り入れに対しプラスされた手数料額は合計で15万円を超しました。返済回数が44回ということはおよそ3年6か月です。

 

この手数料が高いことに気が付かないまま完済まで進むことは珍しいことではありません。なぜなら「毎月の支払額が一定額」であり、支払額に変動がないために実際の借入額の負担を感じさせない作りになっているからです。

 

年率を確認する

現在利用しているクレジットカードの年率はどのように設定されているでしょうか?知名度の高いリボ払い専用カード、リボ機能付きのクレジットカードの実質年率をみてみましょう。

 

楽天カード 実質年率15.0%
ジャックス アールスタイルカード 実質年率15.0%
三井住友VISA エブリプラス 実質年率18.0%
ジャックスカード 実質年率15.0%
イオンカード 実質年率15.0%
エポスカード 実質年率15.0%
セゾンカード 実質年率14.52%
オリコカード 実質年率15.0%
JCBカード 実質年率15.0%

 

ご覧になってもわかるように、年率は15%が相場です。銀行カードローンでは実質年率が上限14.5%前後に設定されていることが一般的です。
それでは、銀行カードローンを利用して同じ条件で返済をするとどれだけの違いがあるのでしょうか?

 

銀行カードローンでシミュレーションしてみる

メガバンクでもありながら銀行カードローンも申し込みしやすく、インターネットでも使い勝手が良いことから大きな人気を集めています。

 

それではまず、それぞれの銀行カードローンの金利を確認してみましょう!

 

利用限度額 オリックス銀行 三井住友銀行
カード オリックス銀行カードローン 三井住友銀行カードローン
  借入利率(年) 借入利率(年)
700万円超800万円以下 1.7%〜4.8% 4.0%〜4.5%
600万円超700万円以下 3.5%〜5.8% 4.5%〜5.0%
500万円超600万円以下   5.0%〜6.0%
400万円超500万円以下 4.5%〜8.8% 6.0%〜7.0%
300万円超400万円以下   7.0%〜8.0%
200万円超300万円以下 5.0%〜12.8% 8.0%〜10.0%
150万円超200万円以下   10.0%〜12.0%
100万円超150万円以下 6.0%〜14.8%  
100万円   12.0%〜14.5%
100万円未満 12.0%〜17.8%  

 

 

銀行カードローンの最大の特徴は、融資額に合わせて金利が変わることにあります。借入額が大きかれば大きいほどに金利は低くなります。大きな金額ほど有利になる、それが銀行カードローンです。


 

銀行カードローンの返済額は「最低返済額」が決められており、その金額以上であれば返済は自由です。つまり「返済額のコントロールができる」ことが選ばれているというよりも選びたい理由になっています。

 

それでは返済をシミュレーションしてみましょう!条件は一般的なクレジットカードと同等にします。

 

注意点としては「適用金利の上限で試算する」ということ。
さまざまな試算方法があり多くの場合には下限の金利でシミュレーションをした結果を表示しています。しかし金利に幅があるときには下限が適用になるのか上限が適用になるのかがわかりません。上限が適用されたとして計算をしなければ「結局リボ払いのほうが損が少なかった」ということになりかねません。

 

必ず上限金利で比較をしましょう。
最低返済額でのシミュレーションと、返済額を調整した際のシミュレーションをみてみます。比べてみたいのは「最低返済額」ではなく「返済額を調整できる銀行カードローンの返済システム」です。

 

50万円の借り入れを最低返済額で
  オリックス銀行 三井住友銀行 クレジットカード
適用金利(上限金利で試算) 12.0%〜17.8% 12.0%〜14.5% 15.00%
最低返済額 10,000円 10,000円 15000円
返済回数 93回 78回 44回
返済総額 929758円 771,542円 650,823 円
利息総額 429,758円 271,542円 150,823円

 

50万円の借り入れを月に2万円の返済で
  オリックス銀行 三井住友銀行 クレジットカード
適用金利(上限金利で試算) 12.0%〜17.8% 12.0%〜14.5% 15.00%
返済額2万円 20,000円 20,000円 15000円
返済回数 32回 30回 44回
返済総額 629,392円 599,732円 650,823 円
利息総額 129,392円 99,732円 150,823円

 

最低返済額であればクレジットカードのほうが「手数料も少なく返済回数も少ない」ことがわかります。少額キャッシングでも返済がしやすいことが特徴の一つでもある銀行カードローンは最低返済額は低めに設定されています。

 

一方で返済額を調整するとやはり銀行カードローンのほうが30回前後と相当早く返済ができていることが分かります。ただし上限金利で試算をするとオリックス銀行の上限金利17.8%は利息が高くなっていることもわかります。
同じ借入額、同じ返済額となればやはり金利が大きく影響することもシミュレーションによって知ることができます。

 

100万円の借り入れを最低返済額で
  オリックス銀行 三井住友銀行 クレジットカード
適用金利(上限金利で試算) 6.0%〜14.8% 12.0%〜14.5% 15.00%
最低返済額 20,000円 15,000円 30,000円
返済回数 79回 137回 44回
返済総額 1,564,418円 2,045,021円 1,301,674 円
利息総額 564,418円 1,045,021円 301,674 円

 

100万円の借り入れを月に4万円の返済で
  オリックス銀行 三井住友銀行 クレジットカード
適用金利(上限金利で試算) 6.0%〜14.8% 12.0%〜14.5% 15.00%
返済額4万円 40,000円 40,000円 30,000円
返済回数 31回 30回 44回
返済総額 1,202,982円 1,197,762円 1,301,674 円
利息総額 202,982円 197,762円 301,674 円

 

こちらでも最低返済額を使ってはやはりクレジットカードのほうが返済が早く終わります。しかし返済額を調整することで利息を押さえた返済が長くなりすぎない期間で完済できるのは銀行カードローンです。

 

200万円の借り入れを月に4万円の返済で
  オリックス銀行 三井住友銀行 クレジットカード
適用金利(上限金利で試算) 5.0%〜12.8% 12.0%〜14.5% 15.00%
返済額4万円 40,000円 40,000円 30,000円
返済回数 72回 30回 44回
返済総額 2,873,218円 1,197,762円 1,301,674 円
利息総額 873,218円 197,762円 301,674 円

 

200万円の借り入れを月に6万円の返済で
  オリックス銀行 三井住友銀行
適用金利(上限金利で試算) 5.0%〜12.8% 10.0%〜12.0%
返済額6万円 60,000円 60,000円
返済回数 42回 41回
返済総額 2,484,644円 2,444,967円
利息総額 484,644円 444,967円

 

実はクレジットカード1枚では通常100万円が限度です。よほどに信用力が高くなければ200万円の限度額になることはありません。
しかし、クレジットカードは一人1枚の時代ではなく複数持ちをしている方が多くなりました。1枚では限度額が低くても複数枚持つことでカバーしているでしょう。

 

銀行カードローンは返済額が変えられる

最低返済額が設定されている銀行カードローンではありますが、「それ以上は自由」というのが大きなポイントになります。自分で返済額をコントロールできることでメリットは2つ。

 

  1. 返済額を大きくして早く完済をし利息の負担額を減らす
  2. 余裕があるときには追加返済をして早めの完済を目指す
  3. 返済が負担になる月には最低返済額にする

 

つまり返済計画を立てながらも、臨機応変に返済額を増減できること。それが銀行カードローンの特徴です。

 

現在、クレジットカードのリボ払いは残り期間と支払手数料はどのようになっているでしょうか?そこには銀行カードローンに借り換えをすれば支払わなくても済む手数料が潜んでいるかもしれません。