住信SBIカードローンの借り換えは審査よって金利が変わる

MENU

住信SBIネット銀行のプレミアムコースとスタンダードコース

インターネット専業銀行の使い勝手は人気があり、実店舗があること、ないこと、その差は少ないものとなってきました。
住信SBIネット銀行もインターネット専業銀行です。
金利、手数料などメリットの多いカードローンとして人気があります。

 

住信SBIネット銀行には2つのコースがあります。
まずはその金利を見てみましょう。

 

プレミアムコース
ご利用限度額 基準金利 所定の条件を満たす場合
10万円以上〜100万円以下 年7.99% 年7.49%
100万円超〜200万円以下 年6.39%〜6.99% 年5.89%〜6.49%
200万円超〜300万円以下 年5.29%〜5.99% 年4.79%〜5.49%
300万円超〜500万円以下 年4.99% 年4.49%
500万円超〜700万円以下 年3.99% 年3.49%
700万円超〜900万円以下 年2.99% 年2.49%
900万円超〜1,000万円以下 年2.49% 年1.99%

 

スタンダードコース
ご利用限度額 基準金利 所定の条件を満たす場合
10万円以上〜100万円以下 年14.79% 年14.29%
100万円超〜200万円以下 年11.99% 年11.49%
200万円超〜300万円以下 年8.99% 年8.49%

 

※所定の条件とはSBI 証券口座保有登録済、または【当社住宅ローン残高があることです。それによって基準金利よりも0.5%金利引き下げとなります。

 

100万円以下の上限金利でも7.99%の金利となればプレミアムコースを選択したいものです。
しかし、住信SBIネット銀行ではコースの選択を利用者が行うことはできません。
審査の結果に応じてコースが決まります。

 

 

プレミアムコースとスタンダードコース、どちらが適用されるかわかりません。
そのため上限金利が14.29%のスタンダードコースになることを予想して計画を立てなくてはなりません。
それでも上限金利14.29%は十分な低金利といえるでしょう。


 

即日融資はできない

住信SBIネット銀行のカードローンに申込をするには「住信SBIネット銀行口座を持っている」ことが必要になります。
カードローンと同時申込もできますが、口座開設を郵送で行うと時間がかかります。

 

口座開設申込書と本人確認書類を住信SBIIネット銀行宛てに送ることになりますが、到着してからおそろ10日後にキャッシュカードとユーザーネーム、仮WEBログインパスワードが簡易書留郵便で届きます。

 

住信SBIネット銀行の申込手順

住信SBIネット銀行申込画面に進む
  • 口座を持っていない場合→「口座開設とカードローンの同時申込」
  • 口座がある場合→「ログイン後、申込へ」

 

仮審査

仮審査結果→登録したメールアドレスと、メッセージボックスに連絡

 

仮審査承認額が300万円を超える場合は収入証明書類提出

 

本審査

勤務先への在籍確認が行われる。
本審査→仮審査を通過してから数日程度

 

手続き完了借り入れ開始

カードローン口座を開設、WEBサイト、提携ATMから借り入れ開始

 

借り入れ方法と返済方法

住信SBIネット銀行の大きなメリットの一つが提携ATM利用手数料無料ということです。
そのほかにも借り入れ方法や返済方法はありますが、いずれも手数料がかかりません。

 

借り入れ方法
借り入れ方法 返済方法
約定返済 随時返済 全額返済
WEBサイトから振込みによる借り入れ 自動引き落とし WEBサイトからの返済 WEBサイトでの返済
モバイルサイトから振込みによる借り入れ 提携ATMかの返済 モバイルサイトからの返済 モバイルサイトでの返済
提携ATMから引き出し   提携ATMからの返済  

 

返済方法
利用可能ATM セブン銀行ATM
イオン銀行ATM
イーネット
ローソンATM

 

毎月の返済額
月末時点の借入残高 約定返済日の引落し額
1万円以下 月末時点の借入残高
1万円超50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超200万円以下 3万円
200万円超300万円以下 4万円
300万円超400万円以下 5万円
400万円超500万円以下 6万円
500万円超600万円以下 7万円
600万円超700万円以下 8万円
700万円超800万円以下 9万円
800万円超900万円以下 10万円
900万円超 11万円

 

銀行カードローンの中では返済額が高めの設定となっています。
約定返済額として決められているためそれ以下の返済はできません。
借り入れをする前に返済の計画を立てなければ「借り入れによって返済額を補う」ことになりかねませんので注意しましょう。

 

幅広い利用者に対応?

  • 申込時年齢が満20歳以上満65歳以下であること
  • 安定継続した収入のあること
  • 外国籍の場合、永住者であること
  • 保証会社の保証を受けられること
  • 当社の普通預金口座を保有していること(同時申込可)

 

これらの条件を満たすことで住信SBIネット銀行カードローンに申込ができます。

 

安定した収入があること、それが基本であり絶対です。
そのため年金収入のみであったり、さらには産休中などで職場から長期間離れている場合には申込ができません。

 

職業 申込
パート主婦
派遣社員
年金収入のみ ×
学生
専業主婦
産休中

 

住信SBIネット銀行はカードローン借り換えに向いている?

極度額も1,000万円と高額になっており、借り換えだけではなくおまとめにも十分対応できるカードローンといえます。

 

しかし即日融資はできないということは覚えておきましょう。
少額キャッシングで借り入れたい時には金利の差は利息にそれほど大きな影響を与えるものではありません。
借り換え、おまとめなどの大きな金額を扱うときに金利の差が利息に大きくかかわってきます。

 

住信SBIネット銀行のメリットは2つあります。

 

  • 金利が低い
  • ATM利用手数料が無料

 

しかしデメリットも覚えておきましょう。

 

  • 口座開設必須
  • 即日融資はできない
  • コースの選択ができない
  • 毎月の返済額が高額
  • 学生、年金受給者、専業主婦は利用不可

 

 

何を求めるのかによってカードローン選びは変わります。
メリットもデメリットもよく比較をして選びましょう。