銀行カードローンの審査が厳しいといわれる3つの理由

MENU

銀行カードローンの審査が厳しいといわれる理由

消費者金融のおまとめは柔軟な審査が行われ、銀行カードローンの審査は厳しいというのを聞いたことがあるでしょう。

 

確かに消費者金融のおまとめローンは「おまとめをするための商品」であるため、複数の借り入れがあることを前提としたローンです。
それが審査が柔軟といわれている理由になるでしょう。

 

それではなぜ、銀行カードローンの審査が厳しいといわれているのでしょうか?

 

理由1 保証会社による審査がある

消費者金融も銀行カードローンも保証人・担保不要となっています。
しかし、銀行カードローンでは申し込み条件の一つとして保証会社による保証を受けられることというものがあります。

 

つまり保証会社とは保証人と同じ役割を持つものであり、銀行と保証人、2重の審査があることになります。

 

三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
アコム(株) 株式会社オリエントコーポレーション

 

理由2 加盟している個人信用情報機関が多い

審査のひとつとして重要視されている項目に、「信用力」があります。

 

信用力
個人信用情報機関に過去や現在の債務状況を照会し、信用度を調査します。

 

消費者金融では貸金業法に基づいて加盟しなければならない内閣総理大臣指定の信用情報機関が決められています。

 

  プロミス アコム
加盟先機関 株式会社日本信用情報機構 株式会社日本信用情報機構
株式会社シー・アイ・シー 株式会社シー・アイ・シー
提携先機関    
共有利用機関    

 

比べてみると一目瞭然になりますが、加盟している個人信用情報機関、提携先は銀行カードローンが多くなっています。

 

理由3 通常のカードローンとして利用することになる

おまとめとしての専用ローンがなく、銀行カードローンは通常のカードローンとして利用することになります。
借り入れ件数が多くなればそれだけ審査が厳しくなる、それが銀行カードローンの審査が厳しいといわれている理由になるでしょう。