消費者金融の借り換えローン

MENU

消費者金融の借り換えローン

消費者金融は総量規制の対象になるため、フリーキャッシングで大きな金額を借り入れることは困難です。
しかし、消費者金融には貸金業法に基づいたおまとめローンが用意されています。

 

銀行カードローンに借り換えをすることとは異なるメリット、デメリットはどこにあるのでしょうか?

 

  おすすめ順 実質年率 限度額
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
アコム
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円

 

総量規制に基づいた消費者金融での借り換え

消費者金融が取り扱う借り換えやおまとめローンは、貸金業法に基づく商品のため、現在借り入れ中のローンが貸金業者からの借り入れでなければいけないことが注意点です。
クレジットカードのキャッシングでは対象になりますが、銀行カードローンを借り換えすることはできないのです。

 

消費者金融の借り換えローンは、返済専用であり不便を感じるかもしれませんが、強い完済の意思を持つことができます。

 

借り換え審査が可決になると、現在のローンへ直接、消費者金融から振り込みをすることで完済することになります。
もちろん申し込み者名で振り込みが完了します。
その後は借り換えた先の消費者金融に返済を続けていくということになります。

 

また、追加借り入れができず返済専用の借り換えローンとなります。
借入残高が減っていかないという方にもピッタリの商品でしょう。
ただし、他のローンに申し込むことがないように、シッカリと完済してしまおうと決意することが重要になるのです。

 

返済方法などは、フリーキャッシングとは異なるシステムも多く存在しています。
消費者金融は返済方法が豊富なことも多いですから、自分に負担の少ないものを選びやすくなっています。
利用者によってATM返済が便利な方もいれば、ネット返済が良いという方もいます。
そのような利便性のあったフリーキャッシングとは異なることもまた覚えておかなくてはなりません。

 

ネット申し込みの対応はなく、基本的には来店契約が必要になります。
無理なく返済を続けることはやはり完済するために求められることです。

 

消費者金融の借り換え、おまとめローンの金利

残念ながら消費者金融のおまとめローンは、超低金利とはなっていません。

 

プロミス アコム モビット
商品名 貸金業法に基づくおまとめローン 貸金業法に基づく借換え専用ローン 専用商品無し
実質年率 6.3%〜17.8% 4.7%〜18.0% 3.0%〜18.0%
限度額100万円万円時の実質年率 最大15.0% 最大15.0% 最大15.0%
申し込み - 公式サイト 公式サイト

 

金利自体はフリーキャッシングと大差はなく、利息制限法の上限が適用されると考えていた方がよさそうです。
融資限度額に応じて適用金利が決まる銀行カードローンとは違って、審査が行われてみなければ適用される金利はわかりません。
低い金利が適用されるかもしれない、その期待通りにならない可能性は十分にあります。
計画は「期待」で立ててしまうことは危険です。

 

利息制限法についてここで確認しましょう!
消費者金融が設定できる金利の上限を決めている法律です。
借り入れる金額に応じて3段階に分かれています。

 

元金 上限金利
10万円未満 20.0%まで
10万円以上100万円未満 18.0%まで
100万円以上 15.0%まで

 

現在、貸金業からの借り入れ総額が100万円を超えていて、現状が18.0%〜20.0%が適用されている場合には、おまとめをすることで低い金利(15.0%)で借入ができます。

 

総量規制とフリーキャッシングの融資限度額

最近よく耳にする総量規制とはなんでしょうか?
貸金業法で定められている個人が貸金業から借入ができる金額の上限を設定している法律です。
個人は貸金業者からの借り入れ総額は年収の3分の1が上限とされています。

 

2010年に施行されたばかりの法律であり、多重債務防止を目的として作られました。

 

そもそも総量規制があり、借入総額を年収の3分の1とされているのであれば、おまとめローンなど必要ないと思われるかもしれません。
確かにフリーキャッシングの総額は総量規制に基づいているものであり、年収の3分の1を超えることはないでしょう。
しかし、それが問題になるのではありません。

 

消費者金融は貸金業からの借り入れ総額を年収の3分の1以内に収めるように、ギリギリの融資限度額を設定しているわけではないからです。
2015年に民法改正案として連帯保証人制度が廃止されることが予測されています。
既に審議され有識者からも意見聴取がなされている段階です。
消費者金融でも申し込みに際しては既に保証人不要となっています。
「保証がない」それが消費者金融のリスクです。
総量規制の範囲を超えることのないように慎重に融資限度額が決定されていますが、もちろん余裕を持って決められている範囲であり、返済能力を考慮した融資限度額が設定されることは間違いありません。

 

そのため、例え年収の3分の1以内に抑えられるとしても、それに近い金額、もしくは借り入れ件数が多くなるとフリーキャッシングの審査は通過しづらくなります。
だからこそ、おまとめローンとしての専用商品があり、複数の借り入れがあることを前提とした審査が行われています。