カードローン借り換えに必要な書類

MENU

借り換えは総量規制を気にしなくてもよい

借り換えをする、それは多くの場合、金額が大きくなるものです。
当然審査は容易なものではありません。
また、必要書類が増えるケースもあります。

 

各カードローンによって違う必要書類

少額のフリーキャッシングであれば、消費者金融は気軽なキャッシングとされています。
その「気軽」というのは、申し込みのための準備が少ないということも含まれているでしょう。

 

消費者金融のフリーキャッシングに申し込みをするときには、基本的には本人確認書類のみです。
総量規制に基づいて収入証明書類の提出が必要になる金額もありますが、通常は本人確認書類があれば申し込みができます。

 

しかし、大きな金額となるおまとめローン、借り換えローンでは消費者金融でも収入証明書類が必要になります。

 

  オリックス銀行 プロミス アコム モビット
商品名 オリックス銀行カードローン 総量規制に基づくおまとめローン 貸金業法に基づく借換え専用ローン 専用商品無し
申込書類 本人確認書類 本人確認書類 本人確認書類 本人確認書類
限度額300万円超は収入証明書類 収入証明書類 収入証明書 収入証明書類
    銀行口座がわかるものと届け出印 勤務先確認書類

 

ご覧になってもわかるように、オリックス銀行カードローンの必要書類が最も少なくなっています。
希望する限度額が300万円以下であれば原則収入証明書類も不要であり、用意する書類は本人確認書類のみとなっています。

 

それでは各社の必要書類について詳しく確認してみましょう!

 

    • 運転免許証または運転経歴証明書、各種健康保険証、日本政府発行のパスポート、在留カードまたは特別永住者証明書、個人番号カード※上記の写しいずれか1通をご用意ください。
    • ご利用限度額により所得証明書類が必要です。※所得証明書類のご提出が必要となるのは、原則、ご利用限度額が300万円超の場合となります。※審査の結果、限度額300万円以下の場合でもご提出をお願いする場合があります。
    • 預金口座振替依頼書※ご返済方法が口座引落の方のみ必要です。

 

基本的には本人確認書類のみで申し込みをすることができます。
ただし、融資限度額が300万円を超える場合には収入証明書類が必要になります。
また、返済方法に口座引き落としを希望する場合には預金口座売り替え依頼書が必要になります。

 

  • 本人確認書類(運転免許証、交付されていない場合には健康保険証かパスポート)
  • 収入証明書類(源泉徴収票、確定申告書、税類通知書、所得(課税)証明書、直近2か月分の給与明細書いずれか1点)

 

総量規制に基づくおまとめローンでも、通常のキャッシングと同じようにカードが発行されます。
借入をすることはできませんが、ATMを使った返済ができます。
そのため口座引き落としだけが返済方法ではなく、自分にとって都合の良い返済方法を選ぶことができます。

 

  • 本人確認書類(運転免許証、交付されていない場合には健康保険証かパスポート)
  • 収入証明書類(源泉徴収票、確定申告書、税類通知書、所得(課税)証明書、給与明細書いずれか1点)
  • 銀行口座がわかるものと届け出印

 

アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローンは、返済が原則口座振替となっています。
カードが発行されるため、追加返済としてATMなどの利用はできるものの、口座引き落としのための口座が必要になります。
引き落としに使う口座、その届け出印も必要書類です。

 

カード申込

  • 本人確認書類(運転免許証、交付されていない場合には健康保険証かパスポート)
  • 収入証明書類(源泉徴収票、確定申告書、税類通知書、所得(課税)証明書、直近2か月分の給与明細書いずれか1点)

 

WEB完結申込

  • 本人確認書類(運転免許証、交付されていない場合には健康保険証かパスポート)
  • 三井住友銀行口座か三菱東京UFJ銀行口座
  • 収入証明書類(源泉徴収票、確定申告書、税類通知書、所得(課税)証明書、直近2か月分の給与明細書いずれか1点)
  • 勤め先確認書類(社会保険証か組合保険証、直近1か月分の給与明細書)

 

モビットではカード申込にするのか、カードレスのWEB完結にするのかによって必要な書類が異なります。
WEB完結では、勤め先確認書類を提出するため電話なし、カードがないため自宅への郵送無しとはなっているものの、申し込みに必要な書類は多くなっています。