追加融資できる借り換えローンと、追加融資できない借り換えローン

追加融資のメリット・デメリット

借り換えを考えているとき、追加融資の選択にも迫られます。
その借り換えは、追加融資ができるのか?それとも返済専用になるのか?
大きな分かれ道でもあります。

 

追加融資が出来ない消費者金融のおまとめ専用ローン

貸金業法施行規則第10条の23第1項 第1号の2では、「約定に基づく返済により借入残高を段階的に減らしていくための借換え」という項目があります。
総量規制があり貸金業である消費者金融では、個人の借り入れる金額は年収の3分の1を限度としていますが、貸金業法に基づいておまとめローンとしての専用商品が用意されています。

 

注目したいのは、借入残高を段階的に減らしていくための借り換えです。

 

減らしていくことが総量規制例外となる条件であり、増やすことはできません。
つまりそれこそが、消費者金融のおまとめ・借り換えローンでは追加融資が出来ない理由です。

 

〜特徴〜

  • 追加融資ができない(返済専用)
  • 来店契約が基本
  • 低金利ではない
  • 収入証明書類が必要

 

複数ある債務を一本にまとめることに特化した専用ローンです。
低金利ではないものの、借り入れ総額によっては利息制限法に応じて金利が下がる可能性があります。
カードが発行されて通常通りの返済をすることもできるおまとめローンもありますが(プロミスアコムなど)、追加で借入をすることはできません。

 

 

追加で借り入れることができないために、完済のみを目的とした借り換えに向いています。


 

また借りることもできる銀行カードローンの借り換え

銀行カードローンは総量規制の対象にはなっていません。
個人の借り入れ金額を制限する法律はなく、銀行側の独自の審査によって決められています。

 

専用ローンは無いものの、通常のカードローンとしておまとめや借り換えを行うことができます。

 

〜特徴〜

  • 追加融資可能
  • インターネット申し込みに対応
  • 融資限度額に応じた金利
  • 大口融資ほど低金利になる

 

通常のカードローンです。
そのため融資限度額の範囲は自由に借り入れることができます。

 

また銀行カードローンをおまとめや借り換えに選ぶ最大のポイントは、融資限度額に応じて金利が下がるシステムであるということでしょう。
大口の借り入れほど低金利で借り入れることができるため、返済にかかる利息の負担を軽減することができます。

 

 

万が一に備えて、追加融資が可能な銀行カードローンを選ぶことで「低金利」といううれしいおまけもついています。


 

現在の他社からの借り入れ総額を調べてみましょう!
大きな金額になるほど銀行カードローンは低金利で借り入れることができます。

 

オリックス銀行カードローンは、100万円以上の借り換えで金利が格段に低くなっているため、利息を抑えた賢い返済が可能です。